:
 

記録写真 35 (2021年)

前へ  
第25回 森の小さな博物館
境川の生き物たち ”春”
2021年5月19日(水)~23日(日)
古淵鵜野森公園ミーティングルーム
 

前回に続き今回も、新型コロナウィルス感染防止対策をとりながら実施。換気、マスク着用、人数制限など万全の態勢を整えました。境川の生き物たち~~をテーマに、スミレ、野鳥、トンボ、ヘビの写真を展示。またチョウの食樹・食草をまとめました。そのほか、ドジョウ、カワムツ、タモロコ、アブラハヤ。ヨシノボリ、カワリヌマエビの仲間、トンボのヤゴ。スッポンの赤ちゃんなどを3つの水槽に分けて展示。種の付いたタカオスミレ、ヒカゲスミレ、アオイスミレを鉢植えし、見ていただきました。
 水曜日から金曜日までお天気に恵まれませんでしたが、おかげさまで268名もの方々に足を運んでいただきました。ありがとうございました。
 写真では、ポスターになっていたシロバナタチツボスミレが大好評。「境川にこんなにたくさんスミレがあるのですね」との声が聞かれました。野鳥ではカワセミの人気が高く、またツバメの写真を見て「ツバメってこんな色をしているのですね」という声も多かったです。
 タカオスミレとヒカゲスミレの写真と実物を見比べ、「タカオスミレの葉は、花が咲き終わると緑色になってしまいます」と説明すると、みなさん、驚いていました!
 今回もお魚さんたちは大人気。エサをあげると、水槽から飛び出してしまいそうな勢いで食いついてきます。魚のエサやりの時間を『ショータイム』と名乗り、その様子をみんなで楽しみました。隣のヨシノボリたちの水槽では、脱皮直後のハグロトンボのヤゴがヨシノボリに捕食されてしまうというハプニングがありました。
 スッポンの赤ちゃんの水槽は「かわいい」と大人気。このスッポンは、会員の息子さんが親水護岸で捕まえたものです。5/3に捕獲した時は4センチくらいでしたが、1cmくらい大きくなっていたでしょうか!? 最終日に、水槽に手を突っ込んだAさんのご主人がスッポンに手を噛まれるというハプニングも()5/21には、ミシシッピーアカミミガメが鵜野森グランドに産卵に来ていました。翌日にはテングチョウが会場内に入ってきました。スミレに付いていたのか、終日、クワエダシャクが会場内をウロチョロしていました。
 受付当番、展示、片付けを手伝ってくださったみなさま、古淵鵜野森公園の職員のみなさま、ありがとうございました。この行事に関わったメンバーは13名でした。
 今回はハプニングが多く、主催者はもちろん、来場者のみなさんも楽しんでいただけたではないかと思っています。次回は新型コロナウィルスが落ち着き、心置きなく楽しめるよう願っています。あー、楽しかった(^^)v 
(写真:佐山、秋永  報告:佐山)

 

スミレの写真

野鳥の写真

チョウの食樹・食草

魚の展示

ヤゴなどの展示

スミレの展示

こども園のこどもたち
 
来場者
 
スッポン提供者
 
ヨシノボリがヤゴを捕食
 
カメが掘った穴
 
スッポンの赤ちゃん
 
 前へ  

ホームへ