古淵1丁目市民緑地

  
緑地の場所  
交通手段

最寄駅はJR横浜線古淵駅で、駅から徒歩約10分。境橋近くです(印)。
駐車場はありません。 

緑地のあらまし 

都市緑地保全法に基づく市民緑地制度により、相模原市内で指定されている9か所の緑地の1つです。相模原市と土地所有者が市民緑地契約を締結し、相模原市と当会とは森づくりパートナーシップ協定を毎年締結することで、当会は土地所有者がお持ちの緑地の維持管理を行っています。

緑地の特徴 かつて境川が蛇行した流路の南側に当たり、川が侵食した北側斜面沿いにあり、面積は0.63haあります。かつては川が頻繁に氾濫したため、ケヤキやコクサギなどの落葉樹が優占し、湿潤な林床にはニリンソウなどの春植物が豊富に生育していましたが、河川改修により氾濫が抑えられ、シラカシやアオキなどの常緑樹が優勢となってきています。竹林と梅林も緑地内にあります。 
作業のねらい 常緑樹主体の暗い森では林床植物は減少し、ゴミの投棄をもたらすので、かつての境川河畔林のような林床植物豊かな落葉樹主体の森となるように、常緑樹を伐採し蔓切りや落ち葉掻きなどを行い、生物多様性の高い緑地を目指します。梅林や竹林は適切に管理し、市民レクレーションや鑑賞の対象となるよう貢献します。 
フィールド景観  

境橋付近から見た市民緑地全体です(3/上)。境川沿いの斜面林です。


森の中には一部遊歩道があって市民が散策できます。春に林床の花が咲きます。


境川沿いの梅林。20年以上放置された梅林を枝打ちし、ここまで来ました。


タケ林。かつて昼なお暗く鬱蒼としていましたが、ここまで明るくなりました。
作業風景  

夏場は草刈り作業が中心。鎌や刈払機などで草を刈ります。
 

冬には常緑樹を伐採したり地面を這う蔓を切ったり落ち葉を掻いたりします。


梅林にある梅の選定作業。梅は毎年剪定しないと伸びすぎてしまいます。


4月に行われるタケノコ掘り体験会。一般市民が真剣にタケノコ掘りに挑みます。 
作業メンバー  
作業者からのメッセージ  2000年の作業開始以来、無理なく・楽しく作業を続けています。春の梅林や林床の花々、夏に時折見る野鳥の営巣現場、タケノコ掘りに汗を流す子供や大人。私たちの努力が報われる瞬間です。私たちと楽しく汗を流しませんか?
定例作業日 原則として毎月第4日曜日13:3015:308月は休み) 
お問合せ 当会宛メールでお願いします 
2016年3月以前の作業報告  年毎にリンクしています。
2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
2007年 2006年

 


フィールドのトップへ

ホームへ